えり足がモサッと広がるショートヘアからスッキリとしたショートヘアに変えるために

気になりますよね。
気づいたらいつもモサモサしているえり足の髪の毛。

襟足がモサモサしているショートヘア

鏡で見たときに気になって、
手で押さえてみるもののそのモサモサが収まることはないし、

これ何とかならないのかなと悩んでしまうこともありますよね。

では、なぜモサモサしてしまうのでしょうか?

その原因は
大きく分けるとこの2つです。

  • 先天的な原因となっているもの
  • 後天的な原因となっているもの

ショートヘアにしたときにえり足が浮いてモサモサする。

そのような出来事は、
先天的な原因と後天的なことが原因で起こっています。

とはいえ、
それが何なのか分からないですよね。

なので今回の記事では、
その2つの原因について解説していきます!

まずは先天的な原因について。

目次

えり足に浮く生えぐせがあるから


えり足が浮くのは、えり足が上に向いて生えているからです。

先天的な原因はこれであることがほとんどです。

そもそも
えり足に浮く生えぐせがなければ
浮くこともないし、悩むこともないですよね。

そんなえり足の浮く生えぐせについてはこちらに詳しく書いています↓

あわせて読みたい
ショートヘアで失敗したのは襟足の浮く生えぐせが原因 いま、この記事を見ているということはあなたは自分の髪型に満足できなかった経験があるかもしくは現在進行形で満足できていないかそのどちらかなのではないでしょうか...

そんなえり足の生えぐせですが、
直すことはできるのでしょうか?

浮きぐせを直すことは可能!?

結論から言います。

残念ながら、
この先天的な浮きぐせを完全に直すことは不可能です。

生えぐせってそれくらい強力なものなので、
変えることはできないんです。

しかし、直ったように見せることはできます。
浮きぐせが原因で諦めていたショートヘアにすることもできます。

そのためには、
まずもう1つの原因である
後天的な原因について知る必要があります。

ここからが今回のメインテーマです。

そのヘアスタイルが浮きぐせを強くしているかもという事実

ショートヘアにしたときに
えり足が浮いて変なヘアスタイルになってしまった。

そんな経験ありませんか?

この原因は、
ただでさえ浮きやすいえり足が
さらに浮くヘアスタイルになってしまっているからです。

えり足が浮く間違ったカット方法


カットには大きく分けるとこの2つがあります。

  • ボリュームを出すカット
  • ボリュームを抑えるカット

この2つのカットの組み合わせによって、
ヘアスタイルのシルエットをコントロールして
理想的なヘアスタイルにしていきます。

理想は
えり足はキュッとするように
ボリュームを抑えるカット
をして、

後頭部はフワッとするように
ボリュームの出るカット
をして
後頭部にメリハリのあるショートヘアにすることです。

ふわっとキュッとしたショートヘア

でもそのバランスがズレてしまうと

キュッとさせたいはずの
えり足にモサッとしたボリュームが出て、

ふんわりさせたい後頭部は
ペタンコになってしまうんです。

これが後天的、
つまりカットしたことによって出てしまった悩みです。

そのような理由があって
理想と現実のギャップが生まれてしまっています。

そのようなことが起こってしまうほど、
浮きぐせのあるえり足のカットは難易度が高いことになるんです。


とはいえ、
これは本当に大切なこと。


なので、もう少しわかりやすく料理で例えてお伝えします。

それは間違った調理方法をしているのと同じこと

例えば、
野菜を茹でるときに根菜類は水から。葉物はお湯から。

レシピ本を見てもネットで検索しても
そう書かれています。


それが正しい茹で方ですよね。


えは、なぜその茹で方が良いのか。

それは煮物を作るときに
じゃがいもを水から茹でることで
じゃがいも煮崩れをおこすことなく、
美味しく作ることができるんです。

でも逆に、
じゃがいもをお湯から茹でてしまうと
中心に火が通る前に表面だけ煮えすぎてしまって
見た目もおいしさも損なわれてしまうんです。


茹で方ひとつで
料理のクオリティーに大きく影響するので、
正しい調理法って本当に大切なんですよね。


そんな調理法が大切なように
カットのやり方も本当に大切なんです。

僕が大切にしていること

料理を作るときは
おいしいものを作りたいという気持ちと共に、

食べてくれる人に
おいしいものを食べてもらいたいとか
喜んでもらいたいとか
そんな気持ちで作るかと思います。

そのときの気持ちと全く一緒なんです。

ぼくが髪の毛を切るときは。

お客様の悩みを解決できる
ヘアスタイルにしたいという気持ちと

お客様にステキになってもらいたい!
喜んでもらいたい!

そんな気持ちで担当させていただいております。


正直、お客様からしたら
美容師さんがどのようにカットしてるか
全くわからないことだし、興味のないことかもしれないです。



しかし、僕は
やっぱり本当に良いヘアスタイルを提供することで
ステキになっていただき幸せになっていただきたいからこそ、

〝髪の毛を切る〟こだわり
大切にしていきたいなと思うわけです。

おいしい煮物を作るために
肉や魚の臭み、野菜の渋みがでないように
ひと手間かけてあく抜きをするように。

完成した料理をパッと見ただけでは、
あく抜きをしているかどうかってわからないことだと思います。

でもそれをするのは
より良いものを作りたい。味わってもらいたい。
喜んでもらいたい。幸せになってもらいたい。

そんな気持ちからだと思うんです。

ぼくの気持ちも一緒なんです。

ぼくがひと手間もふた手間もかけることで、
髪の毛のプロである美容師が本気でスタイリングをした
その日だけステキになれるヘアスタイルではなく、


次の日からお客様自身が自分の手でスタイリングをしたときに
より簡単に、より長持ちするヘアスタイルになることに繋がります。

インスタ映えという言葉が流行り、
映える写真をインスタに投稿するのが主流な今だからこそ、
忘れずに大切にしたい気持ち。

まだまだ頑張ります!!

えり足の浮きぐせで悩まれている方は
こちらもご覧ください↓

あわせて読みたい
【徹底解説】えりあしに浮く生えぐせがあってもショートヘアにしたいを叶える方法 ショートヘアにしたいんですけど、前ショートヘアにした時えりあしが浮いて変になっちゃった経験があるんです。。。こんなわたしでもショートヘアにできますか? 安心し...

最後に、、、

  • ショートヘアにしたい
  • 今の髪型を気に入っていない
  • 今ある悩みを解決したい
  • チャレンジしたい髪型がある
  • 髪質をキレイにしたい
  • 簡単にまとまる髪型を楽しみたい

1つでも当てはまった方は、
憧れの髪型を叶えるサポートをさせていただきたいです。


下記の記事をご覧ください。

津郷が叶えられること

津郷が代表を勤めるKOS+(コスプラス)で
叶えられることはこちらに掲載しております。

大切にしているこだわり

津郷が代表を勤める
KOS+(コスプラス)で大切にしていることは
こちらに掲載しております。

ご予約について

ご予約をご検討中の方は、
こちらの記事に詳細を掲載しております。

お客様からの口コミ

お客様からいただいた口コミと
そのお客様の施術事例はこちらに掲載しております。

インスタグラム

インスタグラムにも
実際に担当させていただいたお客様のビフォーアフターも
投稿しております。

https://instagram.com/tsugo.kos?igshid=YmMyMTA2M2Y=

インスタの更新率は高めになっておりますので、
フォローしてその日のお客様の変化をご覧ください。

あなたが日々感じている悩みを解決して、
楽しめるショートヘアにさせていただく
サポートできる日を楽しみにしております。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪の某有名美容室で多くの経験を積み、
2017年4月に帰岡。
その後、ショートヘアに特化して活動。
ヘアドネーション専任スタイリストとしても活動。
ヘアケアマイスターの最上位資格取得。
年間2000名以上のショートヘア、ボブのお客様を担当してきた。

現在は倉敷にマンツーマン施術をおこなう
美容室KOS+【コスプラス】を2022年4月にオープン。

その圧倒的な【経験値】により確立された
【カット技術】【毛髪知識】【似合わせ】によって
髪の悩みを解決し、髪質から素敵な女性へと導く。
髪を切った後に友人、家族、仕事仲間から褒められた!との
喜びの声をいただくこともしばしば。

お客様からは
『キライだった自分の髪質が好きになった』
『もっと早くいけばよかった』
『会う人会う人から褒められてビックリした』
と嬉しいご感想を。
ご来店のきっかけは、ブログ、インスタ見て
ご予約のご連絡をくださるお客様が多い。
東京、三重、大阪、京都、兵庫、広島、高知などから
ご来店されるお客様も。

のほほんとした性格で
会う人会う人からは「癒し系ですね」と言われる。
施術を受けた方からは「丁寧ですね」と言われる。
甘いものとお酒が好き。
そんな性格とは相反しサッカー少年、バリバリ体育会系の高校3年間を過ごす。

コメント

コメントする

トップへ
目次
閉じる